アドリア海の酒樽 (大航海時代online)

アクセスカウンタ

zoom RSS 新・大航海通信:大海のガレアス編 その2

<<   作成日時 : 2010/01/03 18:14   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
ざざーん


 地中海を発ち、ひたすら日本を目指して大西洋を南下中なぺんぺん酒造にございますこんにちは。帆性能や耐波性能を引き上げたヘンタイガレアス「アドリア海の酒樽IV世」は、性能的にまだまだ中途半端ながらも短時間の外洋航行には十分耐える性能を発揮してくれまして、今の所は順調に航海を続けているのでございます。特に横波とか貰う回数が明らかに減っているのはポイント高いですね。波が高かったり潮流が速かったりすると急激に速度が落ちたりしますが、それでも耐波の低かった時に比べれば幾分かはマシになったよーにございます。南米最南端にある「チリ海盆」のよーに波の高さが30とかあるよーな所はさすがにドンガメだったのでございますが。

画像


 地中海を出発してからリオ・デ・ジャネイロ、リマと寄航して、そこからはいよいよ太平洋の横断にございます。既にお気づきと思うのでございますが、今回ぺんぺん酒造の取った日本への航路は西回り航路にございまして、南米の南端をまわって太平洋を横断するというコースにございますね。

画像
何度もネズミ防衛をする大番頭カルディナ様

















画像
太平洋の横断を続け









画像
嵐にも耐えつつ









画像
ついに見えた島影こそ









画像
最大の目的地、日本だったのでございます。















祝   祝   祝   祝   祝   祝   祝   祝   祝   祝   祝   祝   祝   祝

ぺんぺん酒造、ついに日本へ到着なのでございます。

祝   祝   祝   祝   祝   祝   祝   祝   祝   祝   祝   祝   祝   祝

















画像


 初めて見る日本の町並みは、如何にも江戸時代を彷彿とさせる町並みにございまして、木造の建物やら畳やらヨーロッパの町並みとは明らかに違う景色を見せてくれるのでございます。酒場で売っている物もなかなか良いものが揃っていましてぺんぺん酒造は満足なのでございます。

画像
うきゃきゃきゃー

 ここ江戸では有力者と会うことで、それまでLv65制限だった冒険・交易・戦闘のレベルが70にまで解放されるとのことにございますので、まずはそのお方に会って上限に達していた交易レベルをLv70へ解放して貰うぺんぺん酒造。ものすごーーーく高いお金を払って解放してもらったLv65への時に比べて今回はラクチンにございましたね。

画像
江戸在住の有力者なお方









画像


 江戸の町をウロウロしていた時に見かけた福男と福姫というNPC。この2人に話しかけるとそれぞれ「白い福袋」と「赤い福袋」が貰えちゃったりするのでございますが、その中身がけっこーウキャキャな物だったりするよーにございまして。ぺんぺん酒造もさっそく貰って開けてみたのでございますが、なかなかよさそーな服が入っていたのでございます。

画像
けっこー気に入ったので、とーぶんこのかっこで過ごすつもりにございます。








画像
【長崎】


 日本列島の西の端にある町、「長崎」。ここは日本と交易できる最初の町にございます。とは言っても日本との交易は普通の交易とは違っていて、普通に交易所から商品を買ったりとかできません。こちらが持ってきた交易品と日本の交易品を交換するという、いわば「物々交換」のスタイルにございますね。どーすれば交易できるよーになるのかは大航海のWikiとかでも見て頂くことにしまして、ぺんぺん酒造はさっそくヨーロッパからえっちらおっちら持ってきた密造酒の材料を使って、ついに念願の日本で密造酒を生産するのでございますウキャーウキャー
















画像
持ってきた密造酒の材料はブランデーと干しブドウ

 ご存知、イベリア名産シェリー酒の材料にございます。高ランクの工芸上げをやったことのあるほとんどの人は知っていると思うのでございますが、このシェリー酒はブランデー×1+干しブドウ×1を材料に2〜4本ほど生産できちゃったりします。つまり、生産すると容量が増えるという変わった名産品なのでございます。今回ガレアスという水食料馬鹿食いなお船で日本へ来たぺんぺん酒造にとって、この量の増えるシェリー酒こそうってつけの名産交易品ということになりますね。


ぺんぺん酒造、日本で密造酒の生産を達成にございます。









画像
街役人に賄賂を渡し


画像
可能になった交易で密造酒を差し出して


画像
手に入れたのは日本のお酒








受け取った清酒を手に取りジョッキに注ぐアドリア海の酒職人。

求めて止まなかった日本の清酒をその手に取り

やや鼻につく麹の香りを堪能しつつも透き通ったその色合いに視線を落とし

やがて惜しむかのようにジョッキを口元へと運んでは

その透明な液体をのどに流し込むのでございます。



画像
ぺんぺん酒造、幸せのひとときにございます。















天災商会長ちぃ : 「長崎に着いたよー今年もよろしくねー(^^)」

















画像
(生きて戻れないかも・・・)

----------------------------------------------------------------------------------------

中の人がお仕事修羅場後半戦に突入するのでございます。
とゆわけで再び更新ペースがドンガメになるのでございます。
なにとぞご理解頂きますよう。

(  ω )


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログの日付が、2006/04/08ですから三年九ヶ月の夢達成ですね。
おめでとうございます。

2010/01/04 01:33
>おめでとうございます。

ありがとうなのでございます。
念願をついに達成して目標を失った感じにはございますが、
とりあえず今は日本を堪能しよーと思っているのでございます。
ぺんぺん酒造
2010/01/04 20:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
新・大航海通信:大海のガレアス編 その2 アドリア海の酒樽 (大航海時代online)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる