アドリア海の酒樽 (大航海時代online)

アクセスカウンタ

zoom RSS 新・大航海通信:大海のガレアス編 その4

<<   作成日時 : 2010/01/23 14:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
【夕焼けのアドリア海】








日本より戻ってきた酒職人。








その酒職人が再び目にしたアドリア海は








帰ってきたことを歓迎するかのように








透き通るような青い海に目の覚めるような夕日、








そんな様々な表情をみせてくれたのでございます。








美しく変化するその表情に時の移ることすら忘れ、








ただ、ただ、見とれるばかりの時間が








過ぎてい
11分経ったっぺよっ









画像


 戻ってからヒタスラ造船修行をしているぺんぺん酒造にございますこんにちは。南蛮貿易で稼いだお金を大量につぎ込んでターキッシュガレーを強化するという手法で造船習熟値をもりもり溜め込んでいるところにございますね。ターキッシュガレーは星1→星2へ強化するのにR14ほど必要にございますが、強化は造船ランク+5までできちゃうという特徴を生かして高いランクの造船習熟をもりっといただいちゃおう作戦にございます。1回の造船の習熟値は素の造船R8で102ほど。かなり効率良く上がっていくのでございます。強化した船を売るわけではございませんので出費もかなりのものにございますが・・・

 そして1週間もぷっかぷっか浮いていたおかげにございましょうか、およそ100Mほど散財した頃によーやく素の造船ランクが9になったのでございます。これで「素の9」+「船大工ボーナス+1」+「のこぎり+1」=11で強化ならR16までできるよーになりましたね。さっそく途中まで強化してあったヘンタイガレアス「アドリア海の酒樽IV世」を最終まで強化するのでございます。

画像
最後の強化はこんな感じ

 正直このガレアスは今までの強化にかなり失敗していて、期待していた耐波11を大きく割り込んだ9までしか達成できていなかった現実がございます。なので、将来的に強化し直すということを念頭にいれて、今回の所は近海での取り回しを重視するために旋回性能を引き上げる部品で強化することにしたのでございます。そして30分後にできたのがこちらにございますね。

画像
いろいろ微妙に足りないヘンタイガレアス
「アドリア海の酒樽IV世」

 OPは専用艦のみ、星5まで強化しても帆性能・旋回性能共にイマイチで対波も11に届かない微妙数値10。完全に失敗作なのでございますむきゃー。このままでは引き下がれないぺんぺん酒造。将来もーいちど強化しなおすことを誓いつつとりあえずこのお船で近海をうろちょろしてみることにしたのでございます。まー基本性能はけっこー上がってるし・・・

画像

















 ガレアスといってもいろいろ種類があるのでございますが、ぺんぺん酒造が一番乗りたいガレアスはヴェネツィア人なだけあってヴェネチアンガレアスにございましょうか。海事Lvを57ほど要求するその船はDOLでも比較的初期に実装された船なだけあって、今ではより性能の高いラ・ロワイヤルや重ガレアスに乗る人の方が遥かに多いようなのでございますが、FS造船が実装されてからはヴェネチアンガレアスにも注目すべき点がでてきたように思えるのでございます。おまけにヴェネツィア公用としてのFS造船も可能だと判明した上にぺんぺん酒造の知り合いの造船屋さんがラグーザで造船修行していたぺんぺん酒造の前に、わざわざヴェネツィア公用ヴェネガレに乗ってきて三回転宙返りを披露した上に急降下急上昇散開の後六回転ひねり(注1)を見せ付けたのでございます。日本での密造酒を達成してから将来の目的を失っていたぺんぺん酒造の目に新たな目標が灯った瞬間にございました。









ぺんぺん酒造、のーきん化開始









 そんな経緯の後、所有していたヴェネツィア公用戦列艦「脳筋酒樽」の改造を始めたぺんぺん酒造。こんどは海事修行用へと戦列艦を改造しちゃったのでございます。

画像
どーん

 海事修行特化で強化した公用戦列艦「特訓酒樽」。そのOP(オプションスキル)には砲撃による混乱を避けるために「司令塔」を搭載し、さらには砲撃による船装備の損耗を抑えるために「船匠室」も搭載。何かと船装備代のかかる海事修行で連戦可能をテーマとした戦列艦にございます。あとは専用艦スキルで「修理支援」でも付ければカンペキですね(耐砲撃装甲でもいいかも)。さらに帆性能や旋回性能、砲室数、耐久値にも強化値が加算されていますので、今までの戦列艦とは明らかに性能が違うスーパー戦列艦なのでございます。これでどんどこ海事Lv上げを行なえますね。ところでどーしてOPの「船匠室」が灰色になっているのでございましょうか。








画像
(; 皿 )
(管理技術R10もいるぺかっ)








 現在ぺんぺん酒造の管理技術Rは8ほどにございましょうか。あと2も足りませんね。ところがぺんぺん酒造には優秀な副官+優秀な装備というものがございまして、副官の番頭:ベルンハルト君がたしか管理技術+1の能力をもっていたのでございます。さらにこの装備品を使えば管理技術に+1、合計R10を達成できちゃいますね。

画像
【白翡翠のかんざし】








画像
(  ω )・・・・・・








とゆわけで最近は








管理技術上げのために








ビスケー湾でシェリー酒密造に








励む毎日なのでございます。



----------------------------------------------------------------------------------------

画像




注1おひねりはお控えください。一部フィクションがございます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
かんざし、まったく似合いませんね。
しかしまあ、なんでガレアスでそこまで改造するのかが分からないのですが
妙にこだわるのが面白くていいですね

2010/01/23 23:12
>>三回転宙返りを披露した上に急降下急上昇散開の後六回転ひねり(注1)
ひねりすぎですw

何で工芸師なのかと思ったら管理足りなかったのですねw
うちは念願の伯爵様になったので、オスマン行脚の準備中です
交信で云時間、漂白で云時間
ただ浮くだけの生活はまだまだ続きます… or2
造船屋の人
2010/01/24 06:41
>妙にこだわる
遊びとゆー物にはそーゆー面がございますね。

>ひねりすぎですw
月面宙返りの大技披露を心待ちにしているのでございます。
ぺんぺん酒造
2010/01/24 16:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
新・大航海通信:大海のガレアス編 その4 アドリア海の酒樽 (大航海時代online)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる